人生

携帯販売員になって2ヶ月〜半年

僕が携帯販売員になってから2ヶ月目から半年くらいの時の

自分がどうなったかを書いていきます!

入社からの記事もありますので是非こちらも読んでいただければ幸いです!

携帯販売員には戻りたくない!!笑

スマホ販売員になるまで〜入社1ヶ月

2ヶ月目に基礎研修

なぜ2ヶ月目なのかはさっぱりわかりませんでしたが

僕が仕事が出来なさ過ぎたため、突然研修に行ってこいと言われました。

僕は初月で現場に出てしまっていて、先輩がやっていたことをマネしようと

していたんですが、何でそうしているのかがわからないので全然ダメだったんです

そして、環境的な意味で聞く事ができないというのも問題でした。

家では絶対に仕事をしない

これは心に決めていた事なんですが

会社に勤めていた時、家で勉強してこいと言われて勉強したことは

一回もありません!

給料発生しないし、一番は辞めようと思っている状態だということ

尊敬も出来ない上司・先輩の言う事を素直に聞けるような新人じゃなかったです笑

実際、店のアイドリングタイムに勉強するだけで十分間に合います

基礎研修にて

僕と同じタイミングで研修に行っていた方は8人ほどで

びっくりするくらい、基礎!!って感じの研修でした笑

いやいや!これ初月で受けるべきやつでしょ!!ってすごく思いました

携帯電話の知識、営業の知識、ビジネスマナー、営業の実践などなど

やっと意味がわかった

初月で「こういうものだ」的な感じで覚えてしまっていたことも

ようやく意味がわかり、なるほどなーと思いましたね

もしこれから全くの初めてで働く方は絶対に研修行かせてと言うべきだと思います

ただハッキリ言いますと・・・こんなものは店舗スタッフとしてはどうでもいいんです

店舗のスタッフは契約をとることで大変な訳じゃないです

携帯会社のキツかったところ

アフターサービス

クレーム処理

別のスタッフ

こういったものがスタッフを最高に苦しめます

契約件数に繋がらない案件のため、アフターサービスをちゃんとやっていると

サボってる扱いする人間もいますし、キャリアにも会社にも評価は全くされません

そして新人は、働く会社を間違えると、味方であるはずのスタッフも敵に感じます

僕は両方で非常に苦しみました。

アフターサービスの苦労

プランの変更や修理の受付などがこれに当てはまるんですが

昔のプランで、変更の流れを間違えると取り返しつかなくなるみたいのが多いので

ものすごく神経使います。

修理の受付も名前が細かくあり、これの選択を間違えると料金が違ったりしてしまう

あまりに細か過ぎて、1ヶ月2ヶ月くらい放って置かれて覚えられるような量じゃないんですよね

これはわからない時素直に助けて欲しかったんですが

僕より前に入社して辞めた社員が電話で全部自分で解決してたという

理由で誰も助けてくれませんでした。

優秀な新入社員と比較しないでほしかったのが本音ですね。

クレーム処理

新人の時は2回くらいしか対応してませんが、対応はスーパーで慣れていたので

これには苦労しませんでした。

むしろクレーマーの方と仲良くなることが多く、その後から僕を紹介してくれたりするので

来店した時は怒っていても、帰るときは笑ってくれるというのが嬉しかったですね!

ただ、量が多く熱量がありすぎる方のクレームだと疲れるし

例え、自分が悪くなかったとしても謝らないといけないので心が病んできます

さすがにこればかりはお金も絡んでくるので、唯一信用していた先輩に助けてもらってました

別のスタッフ

僕が1番苦労したところです。

一緒に働いたことのあるスタッフが他会社の方も併せて40人くらいだったと思うんですが

信用して仲良くしていたのは5人です。

営業の世界ってそういうもんだと思うんですが、ギラギラしてて

契約とってやる!!!って感じで、同じ店舗の人間であっても、こいつよりとるんだ!みたいな熱がありすぎたので僕は苦手でした。

店舗成績がよければ誰がとってもいいじゃん・・・と思ってました

人間関係はやっぱり、1番苦労するところですよね!

ちなみにノルマに関して

僕が入ったところはノルマは個人に対してはありませんでした

目標は設定しますが、とれたとしてもとれなかったとしても給料が変わらなかったです

もちろんノルマがないので、インセンティブもなくやる気に繋がることもありませんでした

4ヶ月で異動

入社して初日からほぼ毎日

辞めたい!!

と強く思っていて

3ヶ月目にもう働けないので辞めると伝えました

そこで何故か引き止められたので、ではと僕が唯一信用していた方に相談し

その方が店長をしているお店に異動をお願いしました。

大きい店舗から小さい店舗へ

次の店舗は・・・とにかく暇でした。

最初にいた店舗と違い、1日2組とかが当たり前で

契約件数に関してはものすごく厳しいお店でした。

だからといって3人しか所属していないのは問題だろうと思いました。

アイドリングタイムが多い

そのおかげもあり、仕事のことを覚えるスピードは一気に早くなり

店長とは仲が良かったので数字に関してたくさん教えてもらい

コミュニケーションも店長1人だけとは言えきちんととれていたことが僕にとってかなりプラスでした!

やはり仕事はコミュニケーションからですね!!

そんな状態でも何とか続けられた理由

携帯会社は他の営業と違って

感謝されることも多々ある

これに尽きます!僕はかなり感謝された自信があります!

これが毎日辞めたいと思いながらも続けられた理由ですね

指名をもらったり、口コミで広げてくれるお客様がいたり

悪いことばかりじゃなかったので、続けられましたが

僕は入った会社が完全に合わなくてダメでした。

入社を検討する方へ

もし携帯販売をしている会社への入社を検討する場合は

きちんと調べ情報を集めるべきでした

みなしとか書いていたり、※←このマークが多かったり

キレイ事しか書いていないような会社は信用しない方がよかったです笑

もちろん僕が関わった人の中には志高く、ホスピタリティを持って仕事をされている方もいました。

僕の経験はあくまで一個人としての話なので、全ての会社がそうではないと思います!

最後に

僕にとって1番嫌な2年半だったので、いっぱいマイナスな言葉が出てきてしまうんです笑

大量に書きたい事があるんですが、上手く文章にまとめる事ができず

自分でも途中何書いてただろうと思ったくらいです笑

それほどに、良い意味でも悪い意味でも経験になりました!

ホントに下手な文章で申し訳ありません!!