日常

頭に浮かぶことを言葉に表す

学生時代は文章を書くことが苦手だったが、ブログを書くことになってから意外と書けるようになっていて成長した経緯を同じように苦手な人がいたら参考になればと思い書いてみます!最後まで読んでいただけると幸いです

作文が苦手…

小学生の時作文の時間が一番苦手で本当に大嫌いでした

もちろん、作文の添削では先生の赤文字ばっかりで書くのも嫌いなのに直すのはもっと嫌いでしたので、何度も何度も書き直ししてました(泣)

就職の時

高校卒業後は就職希望だったので、就職先を選んでいたのですが…作文が苦手すぎて試験の中に作文の項目がある会社は避けていました(笑)

今考えたら頑張っていれば、もっとブログもスラスラ書けるようになれていたんだろうなぁって思う今日この頃です(笑)

文章を書くのが苦手だと…

自分の気持ちを言葉のするのもとても苦手です

文章を書くのが苦手=気持ちを言葉にするのも苦手だと思いました

自分の中に湧き上がってくるものを言葉にして口や文章にして表すことが苦手だったんです

それをクマと出会ってから気持ちを言葉にすることが大切だと思い改善するために努力したことがありました

改善するために

色々試した結果私が効果的だったことをまとめてみます

・紙とペンで書く(電子的なものに書くのは効果がありませんでした)

・最初は負の感情が沸き上がった時に心に湧き上がってきたものをそのまま書く

・書きにくかったら目をつぶって大きな紙に何も気にせず書く(ぐちゃぐちゃでもOK)

・無理せず書きたいことだけ、何も気にせず書く

・書きたい時だけ、書きたいことだけ書く

・言葉を選ばないで素直な言葉で書く

・人に見せたり・見返したりする必要はない

気持ちを表すのが苦手な人の大半は、人のことを考えて言葉を選んでしまうためだと思います

私はまさにそうでした…「こんなこと言ったら我儘かなぁ?!」とか「嫌われたり、傷つけてしますのではないか?」が気になって我慢することが癖になっていたんです

努力したこと

外出時もすぐ書けるように、いつもノートとペンを持ち歩きました

気持ちが沸き上がった時は、そのままの気持ちを言葉にして書いているとどんどん言葉が連なって出てくるので、書く場所や綺麗さなど一切気にせず書きなぐってました(笑)

一回書くと、1時間も書き続けていたこともありました

その訓練をずっと続けていくと自然と思いが言葉に出てくるようになって、何かを人に伝えなきゃいけない時に選択しながら伝えられるようになりました

ブログを書く

クマからブログの話を聞いたとき、正直できるかなぁ~?!っと不安でしたが、やってみると意外にスラスラと言葉が出てくる…

一つの言葉が出てくると次の言葉が出てくる…不思議なくらい手が動く

気がついたら最後まで書けているんです

ただ…

内容が思いついて最初の一言が出てくれば書けるのですが…そもそも内容が思いつかない・最初の一言が出てこないと文章が書けないんです(泣)

ブログを書き始めてから文章を書くことが楽しくなりました

読んでくださった人が楽しんでくれたり、少しでも参考になることがあればいいなぁと思いながら書き続けようと思います!