人生

NOと言うことが出来る

皆さんは生活をしていてYESとNOの選択を迫られることありますよね

自分で意思決定をする時はいいんですが

他人に迫られるYESとNOって全然意味が違いますよね

今回はその選択について書いていこうと思います!

基本的にNOは言いにくい

僕は基本的にNOと言える人間ではありました

ただYESと言わざるを得ない場面もあり、自分の意思に反して会社の言いなりになってしまったこともあります

「はい」か「YES」で答えろと言われたこともあります

断るのに勇気がいるって変な世界だなーと思います

学生の時からついて回る問題

大人になる以前からYESの選択を意思に反して、してしまう状況があります

学生の時だったと思いますが、友人宅へ僕ともう1人の友人と訪れた際に未成年がやってはいけないことに誘われたんですね

もう1人は「仲間外れ」になるのが恐くて、誘いにのったんですが

僕は「いや、俺はいいわ」と断りました

結果から言うと、仲間外れにはならなかったです

友人がよく会社にいるアホくさい程小さい器の人間ではなかったのか

僕のNOに対し、全然OKという姿勢で付き合ってくれたんですね

僕も特に止める権利はないけど、体に悪いからやめた方がいいと思うけどな!くらいに友人には言いました

あの時僕がYESと言っていたら、僕は今の姿にはなってなかったと思います

僕はNOが言える人間だったんです

社会人になってから

アルバイトの時から正社員になるまで

上司や先輩という存在と付き合わないといけません

僕は少人数の規模でしか仕事をしたことがないので、嫌われないようにと

一度NOと言っただけで、大騒ぎになったことが原因で一時的にNOが言えなくなりました

この仕事お願いしてもいい??

社会人になったある時僕はこの質問に対し、自分の仕事があるので無理ですすみません

と答えた事で、非常に怒られました

え?それならなんで聞いたの??と思うんですよ

NOが言えないなら聞くなよ・・・というのが僕の気持ちでした

YESと言うまで詰められる

これも意味がわかりません

違う店舗へ異動してもらえるだろうか?と聞かれ

その店舗は嫌ですと答えても

グダグダ言われ、YESと言うまで帰れないみたいなことがありました

YESを意地でも言わない

それからは聞いてきた以上はきちんと意思を見せることにしました

僕がやる!って思ったらYESと気持ちよく答えますし

絶対嫌だ!って思ったらNOを言い続けます

一度ここで譲ったらその後はこいつの言いなりだ!という強い意思で言いません

最後に勤務したお店ではそうしていました

最後に

NOを言えばいいという訳ではないと最後にお伝えしますが

言う事ができるのは自分を楽にすることがあります

大事なのは意思決定をきっちり自分で行うということですね

相手の威圧や何かがあって意思選択をしてしまうというのはもったいないです

自分で決めた方が絶対いいと思います!