HSP

感情移入し過ぎてしまうことで起こるゲームでの不思議な感覚

今回は僕が感情移入し過ぎて、ゲームをプレイしている上で苦労する点を

面白おかしく伝えようと思いまして、書かせていただこうと思います!

※ゲームのことがわからない方にはつまらないかもしれませんが、伝えられるように頑張ります!

ドラゴンクエスト3リメイク版

このタイトルは物凄く、思い入れがありまして

連れて行く仲間を自分で作成出来るんです!職業・性別・名前を自分で決めることが出来るので人によってパーティが全然違ったり、仲間の名前で個性が出るものになっています

僕の場合身近にいる方になるので、当時だと友達の名前をつけていました

ファミコンでもプレイはしていたことあるんですが、僕が物心がついた頃にスーパーファミコンでリメイクされたんです

そしてスーパーファミコンで初めてリメイクされてから実装された「性格」というシステムがあります!

それぞれのキャラクターの性格によってパラメータが変わる

この要素は凄まじくドラクエ3の難易度を左右するものになっていて

例えば性格の中に、「ちからじまん」というものがあるんですが、戦士や武闘家など前線で闘う職業には合うんですが、魔法使いや僧侶などの職業とは相性が悪いといった具合です

勇者自分・戦士A君・僧侶Bさん・魔法使いCさん

というメンバーでプレイしたとします!ちなみに職業は毎回このメンツでプレイしてます!超ベタメンバーです!

ドラクエ3リメイク版のすごい!と思った事は

主人公である勇者の性格は心理テストで決定されるんです

僕は素直に全て答えると100%「なまけもの」という性格になります!!笑

そして仲間はそれぞれの現実世界での性格になるようにしてしまうんです

職業も性格もそれぞれ、自分の主観で合っていると感じているものにするので

とっても弱い戦士になったり、全然賢くない魔法使いになったりします笑

形見的な装備

RPGには結構ありますよね

その代表格でドラクエ3「オルテガのかぶと」ドラクエ5「パパスのつるぎ」という2つの装備がありまして

両方に共通するのは「主人公の父親の装備」ということです

僕はこういうのに弱くて、意志を継いで的な気持ちでずっと装備し続けてしまうんです

「パパスのつるぎ」に関しては手に入れたあとすぐに攻撃力が上がる「はじゃのつるぎ」というのが出るのですが、変えないので主人公がいつまで経っても弱いままなんです笑

ゲームを攻略するより、ストーリーを楽しむこと優先

さらにキャラクターの想いを最優先(合っているかはわからない)なんです

ゲームであっても、キャラクターに心があり、主人公の性格をなんとなく自分で感じとり

この主人公ならこうするよね!とめちゃくちゃ勝手に感情移入してしまうんです

仲間の動物やモンスター

これはドラクエもそうですが、ポケモンにも当てはまりまして

仲間モンスターと別れるや野生に返すという事をしようとすると

この後こいつはどんな人生を送る事になるんだろう・・・

野生の仲間と仲良く出来るんだろうか

イジメられたりしないだろうか・・・と心配になってしまうので別れられません笑

マリオワールドのヨッシーもこれに当てはまり、一度乗ってしまうと別れるのが辛いので最初から乗りません

ゲームオーバー

バイオハザードなどの恐い系のゲームもやりますが

ゲームオーバーのシーンは観たくないのですぐリセットしちゃいます

コンティニューをする時も伝えるのが不可能な不思議な感覚になってしまうので

最初からやり直してプレイしたり、コンティニューはしないようにしています

絶対有野課長のようなプレイは出来ないですね!いつも観てて根気と精神力も凄すぎるなーと思っています!

最後に

このように、ゲーム内のデータなので気にする必要がないはずなんですが

僕にはただのデータだと思えなくて、その世界に完全に入り込んでしまうので

現実世界と仮想空間の間にいるような感覚になっているような気がします(伝えにくい笑)