HSP

感受性が高い僕がゲームをやっている時(モンスターへの気持ち編)

感情移入し過ぎてしまうことで起こるゲームでの不思議な感覚今回は僕が感情移入し過ぎて、ゲームをプレイしている上で苦労する点を 面白おかしく伝えようと思いまして、書かせていただこうと思います...

以前にこんな記事を書いたのですが、別のことを書いていこうと思います!

なるべく面白おかしくしていこうと思いますので、少しでも楽しんでいただけたら幸いです!

ゲームのことは書いていて僕自身が楽しいので、ジャンルで分けていこうと思います!今回はモンスターに対してのことです!

育成系のゲーム

僕は・・・激甘育成をします!もはや自分の子供ばりに親バカです笑

あーもし自分に子供が出来たら、信じられないほどわがままな子になるんだろうな・・・と思っちゃいますね

モンスターファーム

例をお出ししますと、モンスターファームというゲームがあるのですが

このゲームはモンスターとどう接しているかみたいな指標があり

超溺愛・溺愛・やさしい・ふつう・きびしい・スパルタ・超スパルタ

という感じで表現されるものは超溺愛がほとんどでした、きびしいから上のは見た事がなかったです

一緒にプレイしていた同級生のプレイを見て「そんなにトレーニングさせたら辛いだろ!」と心の中で叫んで泣きそうになった事があります笑

とにかく育成しているモンスターが傷つくのが嫌で、なんのために育成しているんだかわからなくなります笑

デジモンワールド

プレイステーションで超大人気だったゲームです!

このゲームは育成ゲームとして、僕の中では圧倒的頂点に君臨するゲームです

トレーニングをしたり、野生のモンスターと対戦したりして能力を伸ばしたり、育成ミスと言われるミスの回数などで、どういうモンスターに進化するかなどが決定されるんです

中には、わざと育成ミスをしないと進化することが出来ないモンスターもいるんです

主な育成ミスの内容

・モンスターがトイレに行きたいと訴えているのに無視をしてお漏らしさせてしまう

・お腹が空いていると言っているのにご飯をあげない

・寝たいと言っているのに寝させない

これをわざとしないといけないんですよ・・・出来るわけがねぇ!!!笑

とにかくこのゲームはモンスターが自分の状態を教えてくれるので、全てきちんと対応しないと思って徹底的に言うことを聞いてしまうんです

絶対育成する人間として間違っていますね笑

弱いモンスターとは戦いたくない

ドラゴンクエストをやっていて、ものすごく僕が嬉しいと感じるのは

モンスターと戦い、勝利した後にモンスターが立ち上がって仲間になりたそうな目でこっちを見ているということがあるんです

ということは、主人公達は命を奪っていないんです

そもそもドラクエは敵モンスターに勝利した際に「やっつけた」という表現をしているんですね

だけど・・・主人公がとても強くなってしまった状態で弱いモンスターと遭遇した場合

僕は「この攻撃力で攻撃なんてしたら・・・モンスターが再起不能なケガを負ってしまうんじゃ・・・もしかしたら家族のために頑張ってるかもしれない・・・」なんて考えてしまうため

黙って逃げるか、魔法使いなどの武器での攻撃力が低い仲間でなるべくダメージを小さくして「やっつける」ようにしてます

ゲームだからと割り切るのは絶対に出来ないんです・・・もしかしたら僕はゲーマー失格の可能性がありますね笑

最後に

いくら、こちらを攻撃しに来ているモンスターであっても、絶対に考えなくていいようなことを考えてしまいます

なので、めちゃくちゃどうしようもないくらい悪いモンスターであれば、遠慮なく退治出来るので助かります笑

ポケットモンスターに関しても思うことがたくさんありましたが、またそれは別の機会に書いていこうと思います!