日常

両親への贈り物

今回はコトが初めて両親にちゃんとしたプレゼントを贈った時のことを書いてみたいと思います

新卒入社からの思い出話も交えて書いていきますのでよかったら最後まで読んでいただけると嬉しいです

感謝の気持ちを形に…

どこから聞いたか忘れてしましたが就職して初任給で両親プレゼントを贈る習慣があると知り、今まで育ててくれた感謝の気持ちを込めて私も贈り物をすることにしました

配属先

3月末から東京での研修と入社式を終え、札幌の店舗に出勤をしました

1週間後の店舗研修終了後配属先が伝えられました

時計・カメラコーナーの兼任となりました

プレゼント選び

プレゼント選びでこの配属先がとても役にたったのでいちお書いてみました

コト母へ

コト母は私が言うのもなんですが、お洒落でアクセサリーは欠かすことがなかった人だったのでアクセサリーにしようと決めていました

何度も宝石店に足を運び、誕生石の入った洋服のデザインを選ばないシンプルなピアスに決めました

コト父へ

コト母と違い選ぶのにとても時間がかかりました…(泣)

特に趣味もこだわりもない人でしたので、財布がいいかな?ネクタイは?かばん?と悩んで最初は紳士服コーナーに何度も足を運び…でもピンとくるものが見つからず…

いよいよ初給料がもらえる前日となりかなり焦っていました

まじめな私は初給料が出た日に生活費と一緒にどうしても渡したくて休憩時間にまた見に行こうかなぁと思いながら開店準備を行っている時にとうとうプレゼントが決まりました

新作で入ってきた腕時計が父のイメージにぴったりで高級感もあり即決でした

プレゼント包装

自分の売り場の商品ということと練習も兼ねて二人分の包装をすることになりました

研修中に教わりましたが簡単には出来ず、休憩時間を使い何度も何度もやり直しやっとの思いで見栄えよくすることが出来ました

そのあとは早く両親に渡したくてうずうずしなが帰宅しました

両親へのプレゼント

食事を終え、2人の前に座り感謝の気持ちを述べて渡すことが出来ました

正直喜んでくれるのだろうか?いらないって言われたら…趣味悪いって言われたら…どうしようと不安でたまらず、食事の味もよくわかりませんでした(笑)

両親の笑顔

2人とも思わぬプレゼントに驚いてはいましたがとても喜んでくれていました

母はその場でつけて見せてくれて父も「高級感があっていいなぁ」と2人とも笑顔で受け取ってくれました

コト父腕時計

早速次の日に職場にして行ったのですが同僚から褒められたと帰ってきて嬉しそうに話してくれたのを今でも鮮明に覚えています

プレゼントの行方…

母は失くしやすいので、宝箱に今でもしまっておいてくれています

父の腕時計はプレゼントしてから15年間何度も直しながら(コトがその都度直していました)使い続けてくれましたがどうやっても直らず…泣く泣く処分することになりました

その時の父の寂しそうな顔をしながら、初めて買ってくれたものだから宝物だからと何度も言ってくれました

今となっては遠い昔の話ですが時間をかけて選んだ甲斐がありました

父の時計

あんなに寂しい顔を見てしまったので、もちろん新しい腕時計をまたプレゼントしました

それは今でも現役で使ってくれています!!

その人を思い選んだプレゼントは心がこもっていて、贈った方も贈られた方もとても幸せになれるんだなぁと改めてブログを書いて思いました

今度2人の結婚記念日にお揃いで何かプレゼントしようかなぁと思います!!