日常

方向音痴の人の特徴

絶望的に方向音痴の改善がみられているコトです!!

色々な人から方向音痴の人の特徴を聞いたり、調べたりしことがあったのでブログに書いてみようと思います!

ぜひ、私に10分ほどの時間をいただきブログ読んでいってください!(願)

以前のブログも良ければ→

超絶級方向音痴(笑)

方向音痴の改善の兆し

コト的絶望的方向音痴

何度もこの内容を書いているので今回は一言で書きますね(笑)

間違った道を自信満々に周りを見ないで歩き、さらに地図アプリで方角、進行方向がわからないのでほぼ毎回迷子になりました(泣)

非方向音痴の人

キチンと周りを見ながら、目印を探して歩く

地図で自分の進行方向を確認し、目的までの道のりをあらかじめ確認している

コトが思った方向音痴ではない人のやっていることです

方向音痴の人の特徴

方向音痴の人には特徴があるらしいです

聞いた話や経験したことで書いてみます

①料理を作る

一切関係ないと思いますが、料理を作るときついつい作りすぎてしまうことありませんか?!私はいつも量がわからず、必要人数の2倍量を作ってしまいます(泣)

これは、作り置きとか足りない…とならない様にとか、意図的ではなく単純に材料を買う時からこれじゃ足りないかも…と不安になりついつい必要以上に買ってしまうみたいです

実は必要以上に買う時もまだ足りないかも?!と思うぐらいにしていますがそれでも2倍になるんです…自分の感覚に任せて買っていたら4倍の量になっているかもしれないです(笑)

特にカレーはいつも多すぎてカレー粉2箱分作ってしまっていました(笑)

②空間認識力

方向音痴の人はこれが難しいと言われています

今自分のいるところ、向かおうとしている方向などの空間を立体的にとらえることができないそうです

私の地図アプリでは画面に出ている道を平面で見ているので自分が道を進んでいるのはわかりますがすぐには間違っていることに気が付くことができませんでした

ルートの確認

これから向かおうとしている時地図などですべてのルートを確認せず、今自分がいるところのみ確認していました

方向音痴だと自覚してからが、前もってルートを確認し、どのルートがわかりやすいか?時間はどれくらいかかる?で出発する前にももう一度ルート確認しています

ここに書いているものは私が経験したことから気が付いたことを書いてみましたのでもしかすると個人差があるかもしれませんのでご了承ください_(._.)_

方向音痴を克服するために…

方向音痴を克服するために、色々なことを試してみました

・地図の見方や曲がるタイミングを何度もやって覚える

・歩くときに必ず周りをみて曲がり角などの近くの特徴のある建物を覚える

今でも地図アプリは手放せないですが、地図の見方がわかり道ではなくルートの全体像を見ることができるようになってから迷子になることがなくなりました!!

もう一つ…

料理を作りすぎてしまうと書きましたがこれも改善されています

いつもより足りないかなぁ~??ぐらいで買い物するとお弁当分が残るぐらいで作れるようになりました(^^♪

方向音痴で悩んでいる方がもしいらっしゃったら参考にしてみてください