日常

僕が思っている真の優しさを持っていたいです!

みなさんは優しいって言われることはありますか??

僕はめちゃくちゃ言われます

褒めるところなくて、とりあえず言っておけばいいみたいなやつなんですかね笑

優しさって何ですか??

と聞かれたら、僕はこう答えます

「相手のことを一生懸命に考えること」

なので好きな人にほど厳しく、好きでない人には優しく見えると思います

信頼している人のためなら自己犠牲も躊躇いません

上っ面の優しさ(真の優しさではない)

これは身近ではない、或いは興味のない人に出る態度です

ただでさえ色々考えているのに、人のために何かを考えるのはエネルギーを大量に使うので節約モードなんです

主にこれが出るのは仕事です!というか仕事のみです!プライベートでの付き合いがある方には上っ面は出ません

僕は後輩が出来ると気軽に質問をしてもらえるよう、とにかくコミュニケーションをとるんです

なので僕には聞きやすいから何でも聞いてくれるんですね

だから僕も一生懸命相手を事を考えて答えたり、一緒に仕事して自分に出来る限り伝えようとしますが

中には「優しさ」を勘違いされる方がいらっしゃって

助けてくれる=優しい→甘える

となってしまう方が多かったんです

自分で考えるのを放棄して、甘えるのは仕事では間違っていると思います

この人は仕事を覚える気が全くないなと思ったら、仕事は任せられないので

自分がやるからいいよと教える事を放棄します

組織にとっては「最悪な存在」でしかないかもしれませんね

情けは人の為ならず

このことわざには複数の意味がありまして、主に使われるのは

・情けは人の為ではなくて、回り回って結局自分に帰ってくるという意味

・情けをかけることは結局は相手の為にならないという意味

以上の2つです、僕は後者の方の意味だと強く思っています

一生懸命な相手に相談されたら、一生懸命その相手のために考える

この人の性格、実績、普段の態度や仕事への姿勢

僕は人を観察をし過ぎていることに自信を持っています

せっかく聞いてくれた人の力になれるように、相手が引くぐらい一生懸命になって

もう大丈夫です・・・ってなるくらい相手のことを必死に考えてしまうんですよ笑

何も悪気がないどころか、全力なだけに、相手からするとたちが悪いかも知れません笑

相手より相手のことを考えた結果

僕はこの人信頼出来るなと思ったら

とことん相手のイイところを伸ばそうとしたり、悪いところを直そうとしたり

ものすごくお節介をしてしまうんですね

そうなると、相手にとっては邪魔でしかないので、距離を置かれてしまうというパターンが多いです

ただ直す気はありません!

うざがられようが、嫌われようが、信頼した以上

相手に優しさを持つのが自分の持ち味だと思っていますし

事実、それのおかげでコトという相方もいる訳なので

嫌われたら、所詮それまでの信頼関係だったと諦めるしかないんです

最後に

僕は多重人格者なんじゃ?と疑われてもおかしくないくらい人によって見られ方が違うと思います笑

子供だなーと思うんですが、身近な人の幸せを常に考えられる、真の優しさを持っていたいと思う今日この頃でした!