人生

自分に自信を持ちたい!〜顔編〜

自分の顔が大好き!!という方がいらっしゃったら、その人が羨ましいです。

僕自身、そういう方はものすごく魅力的に感じます!

なぜなら、僕は

自分の顔ほど気持ち悪いものはない

と思っていたからです。

何故こういう考えが出来てしまったか

何故そうなってしまったのかを書いていきます!

同じような悩みを抱えている方は0人ではないと思うので・・・

是非こんな奴もいるんだと知っていただけたら幸いです

現在はどう思っているのか

今現在は、つまらない顔ではないはずだ!!と思ってます笑

笑顔には自信がめちゃくちゃあります!!

そして何より、他人と比較することを辞めたのも大きいです!

どうして顔が嫌いになったか

顔がイイとかワルイなんて意識もしたことなかったんです

ただ、何気ないたった一言を20年以上引っ張り続け

ずっと心に傷として残してたんです

小学生の時の授業中

今でもハッキリと覚えています。

授業中に下級生の子達が上級生のクラスを見学来るという

行事の時でした。

僕は普通通りに授業を受けていたのですが

下級生の子が僕のところへ来て

「変な顔」

と言われました。

周りの友達が全員大笑い、先生すらも大笑いでした。

こんな小さい事で自分は「変な顔」なんだと自覚してしまい

学校へ行くのが余計に嫌いになりました。

トラウマ

こういう、心の傷というのはなかなか癒えないもので・・・

その子供はただ思ったことを口に出しただけですが

僕にとっては20年以上影響を受ける言葉だったんですね

きっと自分の顔が好きじゃない人は過去にこういう事を言われた経験があると思います

それが陰口なのか直接なのか様々です。

言った側言われる側

ただ、この経験で僕は「言われる側」の人間の痛みを理解することが出来ました。

さらに言われた側の痛みは時間をかけても、簡単に癒えるものでもない事も知りました。

そして・・・自分も誰かに言ってしまった過去があることも学びました。

実際にありました

つい先日、引越し作業中に母ちゃんから聞きました

僕は幼稚園の時に何故か1年間飛ばしているんですよね

年少クラス→年中クラス→年長クラス

と進級していくんですが、年少クラスはある事が理由で通ってません

年少クラスの入園式にて

僕に優しく声をかけてくれた先生がいたそうです

後に年長クラスになった時の先生だったんですが

話しかけられた瞬間に僕はギャンギャン大泣きして、言ったそうです

「俺はデブが嫌いなんだ!!!話しかけんな!!!」

悪魔のような子供ですね・・・。

そのまま入園式に出たくないと言い張って、連れて帰るしかなかったそうです

母ちゃんも幼稚園や保育所にいたので、先生に謝ってくれたらしいですが

すごいですよね・・・言われ慣れているから大丈夫と笑っていたそうです。

ただ、実際のところはわかりませんよね、家では泣いていたかもしれません

僕のように悩み続けていたかもしれません

それでも年長クラスになった時、いつも僕に絵本を読んでくれたことハッキリと覚えています。

それの復讐なのか、僕が女の子5人くらいに追いかけまわされた時

幼稚園の頃はモテてたんですよ??笑

先生も一緒になって追いかけてきて、ギャンギャン泣かされました笑

引越しがきっかけで気づく

この話は最近なんですよねー知ったのが

この引越しは色々過去の自分と出会うことが多く、非常にタメになるイベントでした

自分が言われてトラウマになるくらいに

傷ついた過去がある以前に傷つけてしまっている過去がある

結局ちゃんとお釣りが返ってきてるんだから、人生ってよく出来ていますね

顔が気持ち悪いと言われてしまっても仕方なかったんです

気持ち悪いからなんなんだろう

そう考えるようになってきています

その先生もきっと僕なんかに太っていることを言われたって

きっと人生終わった・・・なんて思ってないだろうし

僕も気持ち悪いって言ってきた下級生の顔覚えてない

そんなことがあったことも、恐らく僕しか記憶していない

言われたところで、僕は現在元気に生きてますからね!

最後に

じゃあ今すぐ顔を好きになれと言われたら難しいですが笑

少しずつでも、自分の顔を好きになっていこうと思いました!

好きになること、肯定することが自信を持つ方法だと思います!