仕事

携帯販売員になってから〜最後の年〜

うろ覚えで書いていた販売員だった時の最後の話です

僕としては感謝している部分もありましたし、経験出来てよかったと思うこともあり

文句は言いつつも学んだことは沢山ありました

今回は最後の店舗での話をしてもうすっぱり忘れようと思います!笑

最後の年は地元への異動から

僕は8年前に貯金ゼロ、ただなんとかなるだろうという気持ちだけで

いたくなかった地元を離れ、札幌へ出てきたんです

そして8年後まさかの地元へ戻る羽目になるんですね

もう気分は最悪でした

しかも大嫌いな人がいる+知らない人ばかりの店舗でしたので

僕にはかなり辛い異動でした

味方であるはずの同じ店舗のスタッフに気を使うことほど嫌なことはないです

やり方が全く違う

僕が苦労したのは店長が変わると大きく変わる店舗のやり方です

結論から言いますと、辞める時でもその店舗のやり方に馴染めなかったです

異動までいた店舗は「自分で考えろ、これだけやらなければ好きにしていい」

というスタンスで、何か対処しても事後報告でいいという店長だったので、僕はノビノビ仕事が出来ていたんですが

最後の店舗はガチガチにこと細かくルールみたいのがあり、それを覚えることが出来なかったんです

なのでまずは店長に慣れようとした

新しい店長の元に来て、話したことがない方だったので

発言や仕事の仕方から意図をくみ取ったり、この店長ならきっとこうするだろうというのをトライ&エラーを繰り返しながら探っていきました

結論から言うと、店長の考え方がわかり始めたところで、店長が遠方へ異動になってしまい、地獄の店舗と化してしまいました

店長の意図をくみ取り、「休みの日でも遠慮なく連絡してくれていい」ということだったので困ったら全部店長に相談をしていたんですが

1人モンスターがいたおかげで、非常に学びにくい環境だったんですよね

モンスター

店長が休みの日に電話しようとしたら「俺に聞けばいいじゃん!」と怒られたんですよね

いやいや・・・あんたは聞いてもらえるように頑張れよ・・・って思いました

田舎だったこともあり、悪い噂というのはあっという間に広がるんです

事実このモンスターの方がいる時は来ない!と怒るお客様がいたくらいです

最悪だったのは

僕の同級生にも最悪な態度をとっていて大型契約を逃していたこと

同級生と再会

ある日同僚が接客していたお客様をよく見たら

10年以上会ってなかった同級生が来店していたんです!よく2人で漫才とかして遊んでいたやつで、向こうもすぐに気付いてくれて

おー!なんて言って話していたら

そのモンスタースタッフを指して、「あの人何者?」と聞かれたのでなんかあった?と聞くと

実は来店はこの時が2回目で、前回来た時にすごくテキトーに嫌な対応をされ、その時のことがあり他社乗り換えのために必要な番号が目的で再来店をしに来たとのことだったんです

結局その後に相談を受け、困っていた悩みを全て解決したことで解約はせずに

ネット契約などの大型契約をしてくれたんです

こんなことしでかした人に相談とか・・・出来ませんよね

新しいメンバーになって

人数は4人→3人になり

店長が変わったんです

ここからが僕が辞めるまでのカウントダウンが始まります

会社の人事にも納得がいかないし、僕には店をなくそうとしているんじゃ?としか思えなかったんです

考え方が全く合わない

僕は前の店長のやり方である

田舎の店舗が生き残るには接客重視であったり、口コミを広げてもらうことなどの

次につながる営業を積極的に考えてやるべきだと思っていました

冗談なのか本気なのか

「これやってれば怒られないですよね?」「これで大丈夫ですよね?」と

なぜか部下である僕に決定させようとするんです

最初は「怒られないために仕事するの?」「なんのためにやるかわかってる?」

なんてちゃんと話をしようとしていたんですが

そのうち店長にも関わらず甘えが出てきて、愛想がつきました

独学で学ぶ

本来なら一般スタッフである僕が見る必要のない資料があるんですが

店舗で出来る事や、なんとかする方法を探そうと思って見たんです

わかればわかるほど、店舗の現実が見えてしまい、なるほどなーと思っていました

立場を無視して、こうやるべきだと紙に書きスタッフに共有しようとしたんですが

部長からは「件数をあげろ」の一点張り

件数あげるためにやるんだべや!!!と怒りがこみ上げてきました

結局会社としては、未来の件数より目の前の件数しか見えてなくて

僕の我慢の限界が来ました

辞めると宣言からのやる気0

この会社には未来ないなと思ったのもありましたが

何より上司であるはずの人たちがこちらの意見ガン無視で自分勝手なことを言うだけ

店長は非常に上からの言葉に乗せられるくせに、何も考えない

大体前の店長が開店時からしてきたこと全く意味なくなるじゃん!と不満が出てきて

自分の転機だと思い、辞めると伝えました

僕は携帯販売(営業職)に全く向いていなかった

契約に関することなので、1に件数2に件数3,4も件数5も件数です

どうやったらお客様に来てもらうかなんて意味がなくて

物さえ与えておけば客なんて来るっしょ?結局キャッシュバックでしょ?という感じで

ゴリゴリに件数を追わないといけないので、僕には無理でした

サラリーマンも向いてない

他人に評価されるというのが大の苦手で

思っちゃいけないとわかっているのに「これだけやってなんで評価してくれないんだ!」って思っちゃうんですよ

他人の物差しで評価されている以上、その方の物差しにあった仕事をしないと評価に繋がらない(給料が上がらない)ので自分の成長を優先させるか、他人の定規に合う仕事をするかで完全に未来が決まる気がしました

キレイ事抜きで「誰かが見てくれている」なんてのは会社によります

存在している会社があれば、存在していない会社もありますから

ほとんど愚痴みたいになってしまった

ホントに嫌な会社と業種でした!辞めてよかった!!と本気で思っています笑

LINEの友達も100を超えてたはずなのに、辞めた瞬間40まで減りました

僕の決め事があり、嫌な物と離れると決意した時は「徹底的に」に離れることにしているので

もちろん中には連絡をとる方はいまして、ご飯を食べに行ったり、東京で一緒にいたりと

信頼している方もいます

最後に

これで思い出せる範囲の携帯販売員だった時の話は終わりです笑

あとはあるあるとか書いていきたいなーとか思ってます!

イイことも沢山あったはずなんですが、嫌なことが多過ぎてほとんど覚えてませんでした

インセンティブがない会社で、給料も少ないので、やたらお金で問題が起きている会社だったのは間違いないですね笑