コンピュータ

基本情報技術者試験の勉強している時の思い出

過去について思い出していると、苦しかったことすら笑い話になったり

辛かったはずなのに、なぜか恋しくなったりしているんですが

その辛かったはずの、資格勉強について書いていこうと思います

基本情報処理技術者

コンピュータに関する基本的な知識を試される試験で午前・午後の二部に構成されていて

午前は知識問題・午後は思考問題です

僕が通っていた専門学校では「持っていることが当たり前」の資格でした

持っている生徒が記憶している数字では80%以上だったので

受かっていることが当たり前みたいな感じですが・・・当時そこで勉強している僕らが思っていたのは

「これだけやって受からなかったら運が悪かった」としか言えないくらい勉強しました

国家試験→国試→酷試という皮肉を先生が言ってしまうぐらい凄まじかったです笑

午前問題

これは単純に覚えまくることです

午前問題は選択問題なので、最悪選択肢分の1の確率で当たります笑

過去問題をひたすらに解く、少し内容を変えたものもひたすらに解く

解くというより、言葉が出たらこのキーワードといった感じでほぼ全ての言葉を暗記していく訳ですが

忘れもしないファンクションポイント(過去のデータに基づいたスコアみたいなものがあり、高いスコアの工程で設計などを行うみたいな意味だったはず笑)という言葉が出たら「ウを選べ」という謎の言葉が生まれたくらいです笑

過去問をやっている時に10問連続で「ウ」だった時があり、そこにいるみんながザワついていたり笑

先生もユニークな方が多く「お前らがザワつく理由よくわかるぞー大丈夫だー自分を信じろー」みたいな感じで言ってくれます笑

ちなみに僕は午前問題が大の苦手です・・・暗記が苦手なんです

音楽を聴きながらだったり、独り言を思う存分駆使してようやく、普通レベルの記憶力ですね笑

午後問題

こちらは午前と違い、記憶ではなくトレース(プログラムなどを流す、なぞる)しまくるんです

過去にあったプログラム言語や勉強用に開発されたプログラミング言語で

問題提示されているプログラムを実行すると、どのような結果になるか示せ

こんな問題が出ます

これは大得意でした!やり方さえわかれば、上から順番になぞっていくだけなので

1つ1つ丁寧にやっていくとおのずと正解にたどり着きます

落ちた方のほとんどは午後問題が落ちて、不合格でした

1日中試験勉強

国家試験期間中はこの試験に受かることだけを考えたカリキュラムになるため

1つのことしか出来ない、僕にはぴったりの環境だったと言えます

さすがに卒業する年は就職活動も重なりましたが、それだけをやればいいなんて言われたら楽で仕方ないですよね

問題を解きすぎて、作り始めたくらいでしたからね笑

ちなみに僕は、1度落ちました!笑

午後問題はバッチリ合格点よりずっと上だったのですが、僕は午前問題が壊滅的だったんです・・・笑

「お前なんで午前落ちてんのに午後は受かってんだよ!」「午後問題の点数俺によこせよ!」とみんなに詰められました

先生にも「珍しい落ち方するな」と笑われました

奇跡の制度

学校で「午前問題免除試験」という僕にとって天使のような救済システムがありました笑

1度目の試験で落ちた人間全員が受けることになり、落ちてたまるか!!と気合を入れ込み、もう2度と落ちねーぞ!と午前問題のみをひたすらに解きました

ところがですね、本番の午前問題より圧倒的に難しかったんですよ!涙

試験終わったあと落ちたと確信してしまい凹んでいたら50人くらいいたクラスで5人しか受かってなかった内に滑り込めました笑

自信を持って言えます「選択問題のおかげ」です

晴れて合格

午後問題は正直何も心配していなかったので、バッチリ合格することができました

そう考えると、コンピュータ的思考は得意なのかもしれません

受かった時は素直に嬉しかったですねー!

最後に

数学・国語・英語とかじゃなくて、1つの資格を取得するためだけに半年近く毎日同じ勉強をしてましたからね笑

仲間と切磋琢磨しながら、同じ目標を持つというのはいいですね!

10年以上経って思うのは、苦しかったけど楽しかったでした!