人生

ネットゲーム依存症から立ち直った経験

101記事目になるんですが、自分自身イヤな記憶がある時期について

恥ずかしながら、知って欲しいと思い記事を書きました!

僕は12年ほど前にネットゲーム依存症になったことがあります

その時にどういう思考だったか、なぜ依存してしまったか

そしてどうやって立ち直る事ができたかを書いていこうと思います!

ネットゲーム依存症とは

パソコンやスマートフォンでダウンロードして、知らない人と出来るゲームのことを

ネットゲーム・オンラインゲームなどと言います

僕がプレイしていたのは、RPGのゲームで知らない人と4人でパーティを組み

ダンジョンを攻略していくというものでした

僕はそのゲームに依存してしまい、多い時で1日20時間プレイしていました

そして、課金をしたいがためにアルバイトをして給料から毎月10万円以上課金してました

そういう生活を学生時代も含め、2年ほどしていました

なぜ依存してしまったか

答えは現実逃避です

依存するまでの生活は

就職活動+資格の勉強が重なり、その中でさらに友人と衝突してしまい

不登校+自分はこの世に必要のない人間なんだと思ってしまったのがきっかけです

就職活動+勉強

就職氷河期の時で内定をもらうのは難しいと言われていた時でしたが

内定をもらっている人がいた以上、内定をもらえないのは自分の能力不足のせいだと

履歴書を綺麗に書くために3日以上かかったこともあり、後半はペンを持っただけで

手が震えてくるような状態になり、資格の勉強も重なったことで

あまり眠れていない日や食事もとらない状態が続いていました

面接では、頭も口も全く回らない、授業中もフラフラして全く勉強にならない

今になって考えると負のスパイラルでした

結果

内定ももらえず、資格試験も受からず、終いには親しい友人に八つ当たりをしてしまい

周り全員が敵に見え学校へ行くことも困難になってしまい、家に引きこもりました

その時、試験期間のためにやっていなかったゲームに手を出してしまったんです

ゲーム内では「必要とされる」

現実世界で企業さんから内定をもらえない→必要とされていない

友人からも絶縁された→必要とされていない

唯一ネットゲーム内では自分の居場所があり居心地が良かったんです

僕は小さい頃からゲームが大好きで、唯一得意なものだったんです

なのでゲームのプレイヤーの評価値であるPS(プレイヤースキル)と呼ばれるものが高く

パーティに入って欲しいと言ってもらえるんです

自分が必要とされるものがあった・・・と素直に幸せを感じました

そこからゲームの世界と現実世界が逆転

現実世界は自分のいるべき世界ではないと感じ、ゲームの世界にどっぷり入り浸ります

そしてゲームの世界で完全に依存してしまう出来事が起きます

ゲーム内での有名人との出会い

僕がプレイしていたゲームの中でトップクラスの有名人達と知り合ってしまうんです

細かなお話をするとマニアックになってしまうのですが

700を超えていたらすごい強い!と言われるステータスを僕は1000を超えていたんですね

そんなタイミングでパーティを組んだあとにスカウトされて

同じ組織に加入させていただくという、ネットゲームではよくある流れです

まさか声をかけられるなんて思いもしなかったんですが

ここから自分の力を勘違いしてしまい、完全に依存してしまいます。

現実で、偉く強くなった感覚に陥った

ゲーム内であまりにも強いとか、一緒に来て欲しいとか言われたため

自分自身が強くなったような感覚になってしまい

どんどん歯車が狂っていきます

ゲーム以外不要

気付くと、ゲームと食事以外の時間は必要なくなってしまっていて

1日20時間を超えるプレイ時間になってしまいました

キャラクターはある一定回数しかダンジョンへ行けないため

リセットされる朝6時まで睡眠、リセットされた瞬間にプレイ開始

という流れです。

ゲームのためにアルバイト

その後、学校はなんとかギリギリ卒業できたのですが、就職はできなかったため

実家に戻り、課金をするためにアルバイトを始めます

リセットされる朝6時に終わる、コンビニの深夜のアルバイトです

1年以上アルバイトしながらネットゲーム

その時給料を月に15万円ほどもらっていたんですが

携帯電話代などを除き、余った10万円全てを課金という生活を

1年以上続けることになります

強さもトップクラスをキープし続け、気の合う仲間も出来

さらに依存度が加速していきました

一年後にとある事件

いつも通り、深夜のアルバイトへ行き、休憩している時に

一緒にプレイしていた方から携帯電話に連絡が入り

「お前今日バイトだって言ってなかった??」と言われたので

今バイト中だよと伝えると

お前のキャラクターログインしてるよ??

とその友達が全力でそれを阻止しようとしてくれたらしいんですが

アイテムやゲーム内のお金などが全て消えていました

アカウントハック

ネットゲームのセキュリティが今ほど強くない時でしたので

僕になりすまして、ログインをしてアイテムなどを奪われてしまったんです

アルバイト中にとんでもない連絡が来て

頭が真っ白になりましたが、休憩明けによく仕事したと褒めてやりたいですね笑

自分の目で見て決断

仕事が終わり、家で自分のアカウントを確認し

何もなくなった状態を見て僕はある決断をします

辞めるわ!!!みんなばいばーい!!!

一瞬でネットゲーム依存症を克服することができました笑

まさか、卑怯な事をしている相手に助けられるなんて想像もしてなかったですね

これ一発で克服です!

それからは節度をもってゲームをプレイする事ができるようになりました

現実世界に戻り

免許を取得するためにに深夜のコンビニアルバイトを辞めて

朝の仕事に切り替えて

依存症が治り、お金も貯まり、運転免許も取得し、車も手に入り

札幌に出たくて就職活動をしている時に

コトと出会うんですねー!

どんどんリアルの世界にのめり込み、現在に至る訳でございます!!

最後に

依存しても克服することは出来ます

依存するのにきっかけがあったように

抜け出すのもきっかけ一つでした

僕の場合それが偶然にされてしまったアカウントハックだったんですね

これはゲームに限ったことではありません!サービス終了などでも改善する方いるかもしれませんね!

過去にしがみつくのではなく、現状を見つめどうするかを考えた方がいいですよね!

現在はe(エレクトロニック)スポーツというものが普及してきているので

依存ではなく、ハマっているのなら

そういう活路があるのもイイところなのでハマり続けるのは素晴らしいと思います!!

もういいや!って思ったら辞めてしまえばいいだけなので!

僕は、依存症になった経験は自分の人生で無駄と思わないようにしています

この時間があったからこそ、そういう経験が出来たことと

人の痛みなどを知る事ができました!

以上、僕が経験したネットゲーム依存症になった時のお話でした!