仕事

僕の時間に関する考え〜塵も積もれば山となる〜

またまた偉そうに自分が考えている時間に関することを書いていこうと思います!

ビジネス本などでよく取り上げられる内容ですが・・・自分の考えを書いていこうと思います

勝手な考えを勝手に書いていこうと思います!よろしくお願いします!

ここで1つ僕の変なスイッチのお話

一般的に「はやい」という漢字は2つ存在していますよね

「早い」と「速い」です

これを間違えて使ってしまうと意味が全然変わってくるので大事なんです

「早く仕事をする」と「速く仕事をする」では全く意味が違います

「早く」は時間に関する言葉なので、早く寝るとか早く起きるという使い方です

「速く」は速度に関する言葉なので、速く走るとか速い車といった使い方です

これを間違えているのを見ると、ピクっと反応してしまいます笑

時間の考え方

時間・・・尊いものですよね

時間の減りを早めることは簡単に出来ても「増やす」となると難しいです

速く歩くことで時間を増やすと「せっかち」なんて言われますよね

トントントンと指でイライラを表現してみたり

自分の意思に反して時間を奪われてるから腹が立ってしまうんですね

そして、すっごい待ってるのに、時計はピクリともしてない!!なんてことあります笑

時間の流れは常に一定

だからといって時間の流れは早くも遅くもならずに

一寸の狂いもなく時を刻み続けています

そして自分の人生に時間を与えられる訳ですね

時間において重要なもの

僕の出した答えをもう言います

時間において、重要なのは「体感時間」と「密度」です

体感時間

実際に進んだ時間ではなく、自分が体感している時間

楽しんでいる時は驚くほど早く感じ、苦しい時は果てしないほど遅く感じる

この時間のことです

楽しい時間を遅く感じることが出来たら最高ですが、それは難しいです

でも気持ち的に「増やす」ことは可能です

密度をあげる

僕が考える密度とはのめり込んでいるかどうかです

例えば、仕事のことを離さずに遊ぶのと楽しむことのみを考えて遊ぶのではどちらが密度が高いでしょうか

仕事のことを頭から離してない状態だと、楽しんでるはずなのに、終わったら、はぁまた仕事かぁなんて考えてしまうんですよ

でも、楽しむことのみを考えて遊んだあとは、きっと「楽しかった!明日からまた頑張ろう!」ってならないですかね

さらに仕事という嫌なこと(仕事が好きな人は何か嫌なこと)が待っていると頭に残しているので、楽しんでいる体感時間も短く感じます

メリハリ

スイッチを完全にオフにした人と、オフに出来なかった人です

オフに出来なかった人は恐らく生真面目なんだと思います、完全にオフにした人が真面目じゃない訳ではなくて、真面目過ぎるんです、偉いと思いますが、たまには肩の力を抜かないといけませんよ

「自分は遊んでてもいいのだろうか・・・」「仕事で何かミスとかしていないだろうか・・・」と常に考えてしまうので遊びに集中出来ないんです

実際僕がそうでしたから、よくわかっているつもりです

僕がとった対策

仕事のオンオフが苦手でメリハリがなかった僕がとった対策になります

何かの参考にしていただけたらと思います

職場で宣言しておく

コトとディズニーへ行く時に上司というか店舗のスタッフに

「5日から9日までディズニー行くから何かあっても絶対連絡しないでください!というかしてきても出ません」と言っていました

言えるような人間関係であればこれでだいぶ楽になります

というより、長期の休みをわざわざとってるんだから察しろよ!って思いますよね笑

こんな職場なかなかないし、こんな言葉は社会人なら言いにくいですよね笑

ただ宣言をしておくだけでも、効果0ではないです!

タスクを残さない

これは、ピクっと強く反応してしまうスイッチという記事でもお話をしたのですが

とにかく普段からタスクを残さないことです

例えば、期限付きの提出物やメールやLINEの返事です

この画像の状況を見たら、ドキ!っとしてしまう方とかいませんか??

え?え?なんかしたっけ!?仕事で何かミスした記憶がないのに、連絡が入っていたら

心臓が締め付けられるような感覚になる時ありません??

でも実際はただ単に恋人からの連絡だったり、何でもないような事で

ホッと胸を撫で下ろすなんてこと、よくあると思います

当てはまる方はメリハリのつけかたが下手な人です

なので、こういう方にオススメなのが、タスクを一切残さないことです

期限があったら最短で提出、確認してもらって問題がなければ完了!

メールやLINEも最速で返信!普段からとにかくこれを心がけることで

いざという時に、時間がたくさんある状態になります

心に余裕があると、遊びの時も仕事から頭を離しやすくなると思います

塵も積もれば山となるです、タスクを残してはいけません

タスクを残さない癖があれば

遊んでる時はスマートフォンを見ないようにしましょう!

スマートフォンを使わないといけない状態なのであれば、機内モードや通知をしないようにしたり、とにかく外部からの連絡が入らないようにするんです

例えば、会社のグループLINEです!最悪ですよね、遊んでいるのにグループLINEで鳴りまくって仕事が頭から離れないなんてことありすぎますよね

こんなものは通知オフにしてバッジ表示をなくせばいいんですよ

普段からタスクを残さない癖があれば、そうしていても全く問題ないです

LINEであればきっちり残るので、楽しみ終わったあとにタスク処理すればいいんです

ただ、普段からやっていれば案外そういう連絡は入らなかったりします

例えは仕事にしていますが、嫌なことであればなんでもいいです

嫌なものは後回しにしない

これが僕が1番大事だと思う結論です

ものすごく簡単に言いますと

嫌なものが離れていく嫌なものが近づいてくる

どっちがいいですか?

嫌なものが離れたあとであれば、時間の密度が濃くなり、全力で楽しむことが出来るんですが、嫌な物が近づいてくると、楽しんでいる時も何かに邪魔されているような感覚になると考えています

僕にとってはそれが仕事で、常に頭に残り邪魔でしかなかったです

何をしても、連絡が入ってきたりしていたので、その時の連絡が

「あれやった?これやった?」だったので、タスクを残さないことを意識するようになりました

生真面目な人にこそやってもらいたいなーって思いますね!

最後に

僕が偉そうに言える立場ではありませんが

考え方をアウトプットしてみました!頭の中が断捨離出来たような気分です笑

ずっと考えていることをブログに書くのって本来の目的なのかなって思いますね!

同じような悩みを抱えている方の1ミリでも力になれたら最高です!