HSP

他人の経験や考え方を理解しようとすること

こんにちは!クマコトです!

最近YouTubeでテイルズオブ・ジ・アビスというゲームのプレイ動画を観ていました!

このゲームは高校生くらいの時にプレイしたことがありますが、正直ほとんど覚えていないし、今の僕が観て、考えさせられるものがあったので

書き残しておこうと思いました

※ネタバレはなるべくしないように書いていこうと思いますが、ネタバレになっていたら申し訳ありません

僕はネタバレがあまり好きではないので、注意書きさせていただいてます

主人公が傲慢過ぎる

こいつ、本当に主人公なのか???って思うほどに横柄です

公爵の息子であるがために身分が高く、ものすごい甘やかされているため傲慢になってしまっているという感じです

理解出来ないようなことを平気でやりますし、言います

他のキャラクターのリアクションから「ありがとう」を言ったことはなさそうです

庭師とお前は身分が違うんだから一切話すな!と怒られているにも関わらず、普段から話しているような表現があり、優しさみたいのを感じる時もあります

俗に言うツンデレ(ほぼツン)

闘えない弱いと判断した者に対し、後ろにいろと命令したり

人が怒られていると、かばったりする

ゲーム内のキャラクターが「意外」だと驚く表現も多数あり

優しいんだか傲慢なやつなんだかよくわからないキャラです

「ありがとう」という言葉に対し、言われることがないのかリアクションが上手く出来ないような不器用さもあります

周りから見たら地位だけのただのクズ

※若干ネタバレありです

普段から不平不満をこぼす主人公に対し、仲間の不満がたまっている状態で

この主人公は理解者だと思っていた人間に騙され、町1つを消滅させてしまう大事件を起こします

この主人公は、その人さえ信じていれば大丈夫という考えが完全に出来上がって疑うこともしないんです

ただ、傲慢だったはずの主人公が言うんです「唯一俺を必要としてくれる人」と仰ぎ

全てを言う通りに行ったことで、大事件の引き金となるわけですが

俺のせいじゃねえ、俺は悪くねえ

※僕の勝手な解釈も含まれます

他の仲間キャラクターは恐らく全員、その事件が起きてしまったことを悔やんでいるようなシーンがあります

助けられる人がいたのに、助けられなかった、自分の無力さを痛感しているような、そんなシーンです

そんな中この主人公は「俺は悪くねえ」と正当化するような発言をするんです

仲間もこの様子を見て、怒りをあらわにしながら離れていきます

僕はこの主人公の気持ちも、仲間たちの気持ちもなんとなくですがわかります

主人公の経験

この物語が始まる7年前に誘拐をされ、発見された時にはそれ以前の記憶が一切なく

そこからとある事情で、7年間屋敷から出られず、軟禁されているという主人公です

そしてその間は話せる人が、使用人と理解者だと思っていた人しかいない

こんな経験通常では出来ませんよね

主人公の発言の真意は主人公のような立場にならないとわからない

こんな経験をした人間は当たり前ですが、100%いないですよね

こんなやつに騙されるわけがない!こんなバカな発言するなんてあり得ない!

と思ったり、言ってしまう方がいるかもしれませんが

生まれてから10才までの記憶がなく、17才になるまでの7年間屋敷に軟禁されている経験をしている人間は恐らくいらっしゃらないと思うので、理解出来る訳ないですよね

相手の立場になって考える

僕は相手の立場になって考えるというのをより深く何日も繰り返します

考え過ぎだから!って悪い意味のやつですね笑

なぜ、ああいう発言をしたのだろう?と考えてしまった時、止まらなくなり

相手になりきって、なぜその発言に至ったか答えは絶対わからないのに考えます

現実であろうと、ゲーム・アニメ・漫画のキャラクターでもなんでも同じです

名前、年齢、性別、表情、職業、経験、過去に聞いた発言、今までの言動、場面など僕が把握している範囲のデータを全て使ってひたすら考えます

本人が覚えていないようなことも覚えているくらい、観察をしています

もしかしたら「何も考えてない」かもしれないのにです

何パターンも仮説が生まれるけど、自分のことではないので検証は出来ません

ただ、僕はこういうことを考えるのは嫌いではないんです

もし相手の経験や考え方を体験出来たら

この主人公の経験や考え方を体験出来たら、なぜこういう発言に至ったのかがわかる訳です

もしそれが出来たら、批判がなくなったりするかもしれませんね

ありとあらゆる場面で、自分が正しいと思っていた1本の道が1億本になるかもしれません

ばーーーー!!!っと言ってみたはいいけど、相手の話を聞いたら、それじゃしょうがないな・・・と思ってしまったパターンのやつですね

短い言葉でカッコよく言えたら嬉しいのですが、僕は語彙力がなさすぎて泣きたくなります笑

答えがわからないからこそ考える

このゲームでも、答えばかりを求める主人公に対し「自分で考えなさい」ということが多く、主人公が成長していくのが見れます

答えを知ってしまっていたら、一切考えなくなっちゃうんですね

答えを教えてもらって、ただ答えを写すだけじゃ夏休みの宿題みたいなもんですから

わからないからこそ意味があるものなのかなと思います

この発言をするということは、この人には何かしらの事情や考えがあるのかもしれない

そう考えると、少し相手への思いやりを持つことができるのかもしれませんね

ネットでよくあるような誹謗中傷などは少なくなるんじゃないかと思います

最後に

ゲームをしている時も激しく感情移入してしまう訳ですが、ものすごく深く楽しめるようになった気がします

このゲーム、高校生の時はどういう風にプレイしていたんだろうと不思議になりました

最近は、ゲーム・漫画を読んでいるとこんなことをやたら考えてしまいます

もっといろんなものを見て、もっともっと色々な考え方をつけたいと思います!