人生

人生をやり直したいと思ったこと

僕は毎日一度は考えます

もし人生をやり直せるなら、自分は何がしたいのだろうと

ドラえもんの道具の「人生やり直し機」があったら自分は何をするのだろうとたくさん考えます

考えた内容を書いていこうと思います!

人生をやり直すことになったら

いきなり結論になるのですが、僕は同じことをするんじゃないかなーと思います

記憶を持ったままとか、知識や考え方を引き継ぐかも大事ですが、ドラえもんの道具の場合、身体能力や記憶などは引き継がれていたので、それと同じ条件とすると僕はこの選択をとると思います

嫌な過去を修正したとしても

過去って、あの時こうしていれば・・・という後悔ばかりに目がいってしまいやり直せたらって思ってしまうと思うんです

僕も実際そうで、あの時勉強してればどうなったとか、無駄遣いしないで貯めていたらとか、大きい事も小さい事でも修正した過去が山ほどあるので、修正出来たら良い結果になっていたかもしれないですが

僕の予想だと、僕が勉強しまくって成績良くなったとしても、立派な職業には就けなかったと思います笑

僕はやり直したいとは思っていません

やり直すことになったらと毎日ものすごく考えるくせに

いつも結論は全くやり直したいと思わないです

まずは、僕の考え方を説明させていただきます!

僕のブログでも度々話をさせていただいているんですが、僕は幼稚園や学校に通うことが本気で大嫌いなので、あれをもう一度やれと言われたら「最悪」なんです

あの時こうしていれば・・・という「たられば」話は宇宙に届くんじゃないかと思うくらいに大量にありますし、考えるのも大好きなんですが、僕はわりと前向きなところがあって、じゃあ次は気をつけようと思うんですよね

後悔は何をしてもしてしまうので

やっとけばよかった・・・の後悔よりやらなきゃよかったという後悔の方がマシだと思っているのでやって後悔します

言わないで後悔するより言って後悔します、なので僕にはやり直したいという考えはありません

そもそも悪いことばかりに目がいきがち

やり直したいことは山ほどあるかもしれません

だけど、これまでにあった良かったこと僕自身は無視しがちな気がします

悪いこともあったけど、イイことも山ほどあったのにやり直したら、それとも出会えないかもしれませんね

惚気ですが、彼女のコトとも出会えなかったかもしれません、いや出会えていませんね

それを考えると、やり直してたまるか!ってなります笑

僕は生まれたことが奇跡

僕ですね、実は生まれる前に亡くなってたかもしれなかったんです

僕がまだ母ちゃんのお腹の中にいた時に、父ちゃん母ちゃん長男次男の4人でおでかけをするという時があったんですね

ただ当日の朝、生まれて8年間一度も風邪を引かなかった長男が、初めて高熱を出してしまったんです

母ちゃんは兄の看病のため家に残り、父ちゃんは次男の兄を連れて出かけたわけですが

追突事故

農道を走行中、一時停止のところで後ろから来た車に凄まじい勢いで追突され

車が大破した状態で畑に落ちてしまったそうです

幸い父ちゃんも兄も怪我はなかったのですが、助手席にもし母ちゃんが乗っていたら・・・とゾッとしたと話してくれました

追突してきた方が家までお詫びに来て母ちゃんのお腹を見た瞬間、膝から崩れ落ちて泣いていたそうです

なのでやり直したくない

やり直したいと思ったことはあるかというタイトルで書き始めましたが

僕は考えた結果「全くやり直したいと思っていない」でした笑

考えれば考えるほど、過去の嫌な記憶を消し去りたい、やっておけば!あの時こうしていれば!と「たられば」に意識を持ってかれてしまうんですが

良かった事も変わってしまうかもしれないのは嫌ですね!僕は今の自分のままでいいと思いました!

最後に

やり直したいことはもちろんたくさんあるんですが、それの積み重なりで今になっているので、過去を変えたいとかそういうのはなくなりましたね

考え方1つでこうも変わってしまうんだと、驚きです

前の会社にいた時は会社に入る前に戻りたいってずっと思ってたし

専門学生の時は高校、高校の時は中学、中学の時は小学生とその都度やり直したい、戻りたいって思ってましたから笑

前だけ向いて頑張りたいと思います!