日常

予知夢(閲覧注意です)

クマの金縛りのブログで思い出して、予知夢を見ていた時のことを今回は書いてみようと思います

クマのブログも是非→かなり強い金縛りにあった

このブログも少し閲覧注意なので、苦手な方はよければこちらも…

ちょっと笑えます→超絶方向音痴(笑)

では…

ここを読んでいるといことは目に見えないものに興味がおありですね??

ではコトが体験した予知夢を詳しく書いてきたいと思います

どうぞ最後までお付き合いくださいませ

夢を見る

比較的夢は毎回覚えているタイプでなかなかフリーダムな内容で、書き出してみると連載ブログになるのではないかと思うぐらいです

その中でも身近な人が体調を崩すや入院の時に予知夢をみていました

予知夢を見る時

予知夢を見る時はルールがあります

それは…とてもリアルなのに非現実的

さらに、その夢を鮮明に覚えていることです

プレ予知夢?!(笑)

初めて見たのは中学生の時でしたが今でも夢の内容や風景を鮮明に思い出すことができます

それは、自分の寝ている部屋そのままの景色が広がっています

ベットに寝ていて、夜中の2時(夢の中で時計を見て時間を確認しました)にキッチンからご飯が炊ける音が聞こえてきました

あれ??こんな夜中にご飯炊いている??と不思議に思った瞬間金縛りにあい、身動きが取れなくなってしまいました

そのうち目が覚め普通の朝を迎え母に夜中にご飯を炊いたのか聞いてみましたが現実ではなかったようです

中学時代妙にリアルな夢だったなぁと思って終了でしばらくは見ることもなかったので気にもとめていませんでしたが、ずっとこの夢だけは忘れることはできませんでした

現実になってしまった夢

今までに予知夢で現実になった人はコト両親とクマと友人の4人です

衝撃があまり強くない順に書いてみようと思います

クマ

この時は、一緒にうたた寝をしていた時でした

もちろんこの時も、その状況は服装まで全く同じでした

横に寝ていたクマがいきなり苦しみ始めました…私はどうしたらいいかわからが背中をさすったり、頭を冷やしたり看病をしている夢でした

ふと目が覚めて夢だったことに気が付きましたが、起きた瞬間のあの何とも言えない感覚で不安になりましたが気を付けるように声をかけてその日は何ともなかったんですが…

その数日後体調を崩してしまいました

コト父

父の予知夢は何度も見ていますが一番強烈に記憶にある時のことを書きます

夢の場所はいまでも住んでいる私の家でした

自分が寝ている場所・家電製品の配置・間取りが全てそのままなのですが一つだけ空き部屋がありその部屋の中に病院のベットと心電図や点滴などがそこにあり父が寝ていました

そして、玄関から親戚が真っ黒な服を着てどんどん入ってきます、私の身体は動かすことができないのですがモニターに映った動画の様に見えています

コト父は杖がないと歩けないのですが、杖なしで普通に歩き、普段は絶対着ない真っ黒な服をきて私の前に現れどこかに電話をかけているところで目を覚ましました

目を覚ました瞬間の何とも言えない感覚にまた襲われて、急いで母に連絡し夢の内容と気を付けるように話した1か月後体調を崩し手術となりました

コト母

コト母も似たような予知夢を見て3か月後ぐらいに、ステージのつかないがん細胞が見つかり即摘出手術となりました

両親には事前に注意するように伝えていたため最悪な状態は回避できたみたいです

現在は…

予知夢をみる力がなくなったのか?体調を崩す人がいなくなったのか?全く見ることがなくなりました

ですが、母は必要以上に私の夢を気にしているようで会うために「最近変な夢見てない?」と確認してきます(笑)

余談

父方の親戚に霊感の強い人がいて、その人の家の仏壇にあるロウソクに垂れたロウが仏様の形になっていたのを見ました

どうやらその血筋をなぜか引き継いでしまったみたいです(泣)

ブログを書きながら…もう2度と予知夢は見たくないと思ったということで締めたいと思います